女性の自分磨き

 女性の仕事は所詮、女性だから押し付けられる雑用のようなものだと考えている方もいるかもしれません。しかし、その仕事によってどれだけ多くの人をサポートできているのかを今一度見つめ直してみることが必要となるのです。仕事を引き受けてくれる人がいるからこそ、本来するべき業務に邁進できるようになり、自分が掲げた目標達成のために日々の仕事に頑張れるようになるのです。それでも、現在の自分の仕事に疑問を感じた方は、資格を取ってもっと責任のある仕事ができるように努力をするようになるのです。資格を取ることで、周りの人から頼られる人材として評価してもらえるようになり、自分を象徴していく資格によって、自分を大切に扱ってくれるという期待感を抱いていくようになるのです。
 女性の仕事にやりがいを持てるようにするために、資格の取得を考慮することがあるでしょう。ある資格を取るために日々勉強に明け暮れている方にとっては、その資格を取ったときに初めて人の上に立つことができるようになるのだという希望を常日頃抱いていき、自分を中心とした仕事が自分が自分であるための拠り所となることが、人生においての喜びなのだと意識するようになるのです。
 一昔前のコマーシャルで放映されていた、資格なければただの人、というフレーズが印象に残っている方が多いでしょう。それだけ、人として生きている以上は自分を磨き続けることを疎かにしていくべきではないというメッセージとして発信されているのだと考えられて、見えない伸び代に向かって努力を積み重ねていく「自分磨き」の行為として代表的な資格の取得を強調しているのに等しいと感じてくるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です