女性の仕事と地方の関係

男女平等が叫ばれ、今までは男性が殆どだった職場にも女性たちが入り込めるようになりました。
逆に女性が中心だった職場にも男性たちが入り込むようになり、同じ仕事をするようになりました。
昔から女性が中心だった看護婦や保健婦、助産婦、スチュワーデスなどは、名称が女性の名称であるということから、看護師、保健婦、助産士、旅客機客室乗務員などと名称を変え、男性が働いてもおかしくないようにとの配慮が施されました。
しかし、やはり、昔から女性が中心だった職種は女性が圧倒的に多いです。
看護や医療など、人とのかかわりが大切な職種は、女性の得意分野とされ、今でもたくさんの女性たちがなりたいと感じています。
また、育児や子育て真っ最中の女性では、自宅でできる資格をとって自宅でできる仕事をする人も多くいます。
ネイリストなどの美容関係や、子供のさまざまな教室などを開いている女性たちです。
しかし、地域によってはあまり人気のない仕事もあります。
都会はおしゃれや美容などに興味を持っている人が多いため、美容関係の職場は人気が高いですが、地方に来ると、お年寄りや農家の人たちなどが多く、おしゃれや美などにはあまり興味がありません。
ですから、同じ女性の仕事といっても地域によって人気のある職種と人気のない職種は違ってきます。
女性が仕事をするのであれば、自分が住んでいる地方の特色などをうまく利用して仕事をするようにしたらいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です