保育士になるためには

保育士は女性に人気の資格です。保育士は子どもの保育をする人のことで、その資格は国家資格になります。保育士の資格を持っている人は幼稚園教諭免許状もオプションとして保有する人が多いようです。現在は少子化と言われながら、保育所に入所できない待機児童が多くいます。保育士は女性に人気の職業ですが、保育士不足が深刻です。保育所を増やしたくても、保育士の人材が集まらなければ意味がありません。保育園の増加だけではなく、保育士の待遇も保育士不足の原因となっています。仕事の割に高くない待遇が保育士の増加を妨げる原因ともなっています。かつては保母と呼ばれていた職業も男女雇用均等法で男性も進出してきたので保育士という呼び名に統一されました。ですが、まだまだ男性が保育士になりにくい状態もあるようです。待遇を良くして、男性保育士も増やす必要があります。保育士になる方法は、厚生労働大臣が指定している学校で所定の課程、科目を履修して卒業する方法と、保育士試験に合格する必要があります。所定の課程、科目を履修して校外実習を行うと、卒業と同時に保育士の資格を取得できます。保育士試験は科目別に合格していきます。各科目6割以上の点数で合格となります。一度合格した科目は3年間有効です。そして筆記試験の科目合格者には実技試験の受験資格が与えられます。保育士になるためには筆記と実技の両方の試験で合格しなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です